薄毛のスタイリング術

女性のための育毛・薄毛克服の教科書

サイドメニューへ

髪のボリュームを出すスタイリング術

ボリュームアップさせて若々しいヘアスタイルを保つ

分け目が薄くなっている女性

男女問わずに年齢を重ねてくると、どうしても髪は細くなってきやすいです。そこは年齢だからしょうが無いと割り切りをする方もいますが、トップ、前髪がペターン。汗かくとおでこなどに張り付く。といったようになってしまうと年齢も老けて見えてしまいます。

同じく髪が細くなると「分け目」の薄毛も気になります。

若い時は頭皮が透けて見えることはなかったのに、年齢を重ねて髪が細くなる。薄毛が進行すると分け目が一番目立つようになります。

そこで手軽に「分け目」の薄毛を隠してボリュームがあるように見せるスタリング術を紹介してみようと思います。

分け目を変えてみる

同じ分け目で長時間いると頭皮には負担がかかっています。髪が細くなって力強さが無くなると抜け毛促進にも繋がりかねません。

まずはいつもと違った分け目にしてみることが良いです。

時間ごとに変える必要はありませんが、日にちごとに分け目を変えたり、結んでいる人は休憩時間などに解いて頭皮にかかっている緊張を緩和してあげることが大切。

また髪の分け目は正面から後ろに真っ直ぐと引いてしまうと目立ってしまいます。できるだけ斜めに分け目を作ってあげると正面から見えないようになるので薄毛と思われることも少なくなります。

髪のボリュームを出すドライヤー術

分け目だけでなく、髪のボリュームを出してあげると薄くなっている部分を隠せたり、若々しさもUPします。

ただ、髪が細くなってくると髪のボリュームを出すことが困難になります。

ですが、ドライヤーを上手に使うことでボリュームを持たせることは可能。ボリュームを出すコツとしては髪を洗う、濡らした場合に自然乾燥させるのではなく、ドライヤーを使って根本から乾かしていくことです。髪の根元が濡れていると十分なボリュームが出せません。

同時に整髪料を使う時も根本に付けることを意識するようにします。根本に空気間を入れる感じのイメージです。

ショートヘアの場合は分け目を作らせない

ロングヘアは髪にかかる荷重も増えます。ですが、簡単に分け目を変えたりスタイリング次第では頭髪にボリュームを持たすことも可能。

しかし、ショートヘアは髪の荷重も少なくスタイリングの幅も狭いです。そんな時に薄毛をカバーするのが分け目を作らないようにすること。美容師もよく使うテクニックになります。

ショートヘアでも分け目が出来てしまう場合は、いつもと逆にしてみたりして分け目にかかる負担を軽減してあげましょう。

日頃からヘアスタイルを意識しながら女性の育毛を始めていけば、短期間は難しいですが徐々に頭髪もハリ、艶、コシが生まれてきて自然とボリュームも増えてきます。

育毛グッズを売れ筋から選びたい方は必見

育毛グッズ売れ筋ランキング

MENU