夏の頭皮ケア

女性のための育毛・薄毛克服の教科書

サイドメニューへ

夏の頭皮ケア

女性の頭皮を夏から守るケア方法

夏が近づくにつれて髪を切ったり、ヘアカラーをしたり心機一転で望む方も多いのではないでしょうか。しかし、夏は頭皮に高ダメージを受けやすい季節です。汗、皮脂、雑菌、紫外線といった外敵要因から頭皮を守る術をここでは紹介します。

外出が多い方は徹底した紫外線対策を!

夏は紫外線が1年の中で最も強い季節であります。また頭皮、髪は体の中でも一番上に当たる部分。直に紫外線や直射日光を受ける部分となるのでダメージを受けやすい。特に分け目があると地肌に直接、紫外線が辺り頭皮が火傷、日焼けするなんてこともあります。

こちらのページでも頭髪と紫外線の関係は書きました。基本的には帽子、ヘアスプレー、日傘を利用して紫外線から髪、頭皮を守るようにしましょう。

頭皮に日焼け止めは塗ることができないのでアイテムを利用するのが一般的。帽子や日傘が嫌な場合はヘア用UVスプレーを利用しますが、頭皮の紫外線対策にはなりません。できるだけ日陰を歩くようにして頭皮に直接、紫外線が当たることを防ぐことを意識してください。

汗、皮脂対策は忘れずに!

暑い季節はどうしても汗をかきます。体だけでなく頭皮からも汗は出ています。同時に皮脂も分泌されて汗と混ざり合うことで悪臭を放ったり、雑菌が繁殖してしまいます。

対策としては小まめに頭皮、髪を癒やしあげましょう。帽子を被る時は通気性の良いものを。日差しの下にいる場合はできるだけ日陰を探して頭皮を休ませて上げてください。

そして必ず夜はシャンプーして日中の頭皮に溜まった汗、皮脂、雑菌を洗い流します。そのまま就寝したりすれば寝ている間のさらに雑菌が繁殖して頭皮の痒みや出来物ができるトラブルにもなります。

朝シャンには注意!

寝ている間に蒸し暑くて朝はシャワーを浴びてシャンプーもするといった方は注意が必要です。特に時間がなくて適当にシャンプーしたり、すすぎをしている場合は毛穴にシャンプー剤が詰まる可能性があります。

すすぎはシャンプー時間の倍は行う必要があります。これが簡単にササッとすすぐ程度だと雑菌のエサになったり毛穴つまりを起こして髪の成長を妨げてしまいます。

もし、いつも適当にすすいでいるようならシャンプーは使わずに「湯シャン」を心がけてみましょう。お湯ですすぐだけなので時短にもなりますし、頭皮にシャンプー剤が残る心配もありません。

そして朝風呂後は必ず、ドライヤーを使って根本、頭皮を乾かすことが大切。根本が乾かないでいると雑菌の繁殖、悪臭を放つ原因になります。

髪を健康にして頭皮環境も整えるには育毛シャンプーがお勧めです。無添加で低刺激となっているので頭皮に負担をかけずに洗浄できます。また育毛剤の浸透も助けてくれるので育毛、薄毛ケアする場合は必須のアイテムでもあります。

育毛グッズを売れ筋から選びたい方は必見

育毛グッズ売れ筋ランキング

MENU