女性の髪にダメージを与えないための秘訣

女性のための育毛・薄毛克服の教科書

サイドメニューへ

髪を守るための基礎知識

頭髪にダメージを与えないことが薄毛予防につながる

女性の髪というと「女の命」などと昔から言われています。髪の毛は印象をガラリと変えてしまうファッションアイテムの一部でもあります。ある雑誌で有名スタイリストが女性の後ろ姿は「髪の毛」「靴」で決まると書いてありました。

年齢を重ねるほどに肌や体のラインに不満を覚えたりします。同じく髪の毛も艶、ハリなどを気にする方も多いでしょう。そこでパーマ、カラーリングをしたりして若々しさ、オシャレを楽しむといった自己表現としても髪の毛は大切。

しかし、髪のオシャレは見た目はよくなりますが、実は頭皮環境には良い影響を与えません。気持ちの面ではプラスに働いても頭皮に視点を置くとパーマ、カラーはダメージを与えています。

ですから、頻度によりますが、程々に髪のオシャレを楽しむのがベスト。頻繁な楽しみは抜け毛、薄毛にも繋がります。

髪を守るための基礎知識

パーマ、カラーリングが与える頭皮ダメージ

パーマ、カラーは安定していた髪の構造を変えてしまいます。美容院等で行う施術によりダメージ量は変わってきますが、何らかの影響はあると考えておきましょう。

パーマの場合は、頭髪の強度、弾力性が下がるとされています。

ヘアカラーは髪の内部から着色を施すので髪を大きく傷めます。丁度、ヘアサイクルで古い毛髪と新しい毛髪が入れ替わる時期に頻繁にパーマ、カラーを行っていると新しい毛髪が生えてこない。髪の艶やハリが失われてしまうといったトラブルも起こります。

髪のダメージは頭皮だけでなく切れ毛枝毛の原因になります。ブラッシングをしても髪がまとまらなく、プチプチ切れることはしょっちゅうです。

そして、自分でカラーリング等を行う場合に注意しておきたいのが、市販品を使う場合。美容院においてあるカラー剤と市販品は違います。また技術力にも当然、差があります。

市販品を使う場合はいきなり染めるのではなく化粧品のようにパッチテストを行い自分の頭皮にトラブルがないかを確認しましょう。

髪のダメージを守るためには頭皮、髪への負担が少ないもので、頻度をできるだけ少なくすと頭皮への負担を減らせて抜け毛、薄毛予防にもなります。

頭髪剤の頭皮への負担

ヘアマニキュア

頭皮への負担が最も少ないとされています。毛髪表面にあるキューティクルに薬剤がつくだけなので、染毛効果は短いです。染毛剤自体の落ちも早いため頭皮、髪にとっては優しいヘアカラー方法

ヘアカラー

持続効果は約1ヶ月〜2ヶ月程度。長期間の染毛効果があるのでダメージは大きいです。毛髪もパサツイたりします。一般的に白髪染めもヘアカラーに含まれます。

ブリーチ

髪を脱色するブリーチ剤。黒髪を作るためのメラニン色素を脱色して髪の色を明るくします。刺激も強いので頭皮、毛髪にかかる負担も大きい。頻繁なブリーチはダメージが大きくなりすぎトラブルに発展するので程々が肝心。

パーマ

パーマ液はキューティクルを剥がして内部の繊維を薬剤で切断。ロッド等で髪を巻き、別の薬剤で繊維を再結合させています。ダメージはかけるパーマにより差があります。頻繁なパーマはやはりダメージが大きいので避けるようにしましょう。

縮毛矯正

薬剤と熱によって毛髪を伸ばします。よって頭皮や髪にかかる負担はかなり大きく、繰り返し行うと抜け毛、薄毛の進行を早めるとも言われています。縮毛が気になる場合でも頻度はできるだけ間隔を空けて行うのが良いです。

育毛グッズを売れ筋から選びたい方は必見

育毛グッズ売れ筋ランキング

MENU